子供も飲める 家族向け青汁ランキング
あなたの食生活、野菜足りてますか?青汁に関する調査結果
青汁の商品力ランキング

ヒューテックジャパン
グリーンミルク

ライフアップ
菜善青汁

マイケア
ふるさと青汁
やずや
養生青汁
ファンケル
ファンケル青汁
グリーンハウス
レモンの青汁
アサヒ緑健
緑康青汁
グリーンハウス
天然青汁
キューサイ
はちみつ青汁
キューサイ
粉末青汁
サントリー
極の青汁
青汁の豆知識
青汁の
上手な選び方
青汁は現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「栄養素」の3つに分かれます。
価 格
価格は商品1箱の価格を基本見がちですが、最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいく青汁を選ぶとよいですよ。
続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、香りや味、カロリーも大きなポイントになってきます。自分に合ったタイプが見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
栄養素
3つ目はみなさんが青汁を飲む一番の目的「栄養素」ですね。 青汁はビタミン、カルシウム、食物繊維等、不足しがちな栄養素が含まれています。原料によって含まれる成分や量が異なりますので、現在の食生活を見直してみて、必要な栄養素を理解した上で自分に合ったタイプものを選ぶようにしましょう。
青汁の代表的な成分
鉄 カルシウム カロチン(ビタミンA) ビタミンC ビタミンE ビタミンB群 ビタミンU カリウム マグネシウム 葉酸 メラトニン SOD フラボノイド クロロフィル ルティン 食物繊維
グリーンミルク

青汁製法の違い


同じ原料を使っていても製法によって様々な違いが!?青汁製法の違いを比較します。

粉末・顆粒タイプ

鮮度も高く、持ち運びに便利!最もポピュラーなタイプ
会社や外出先へも持ち運べ、水や牛乳など色々な飲み物にもさっと溶けるので、
自分好みのブレンドで手軽に続けられます。
1回分ずつの小分けしてあるタイプや、大袋入りがあります。

冷凍タイプ

鮮度はあるが青臭く持ち運べない
新鮮青汁を瞬間冷凍した、本来の味わいを楽しむジュースタイプ。
独特のえぐみや青臭さがあるため、飲みにくいと感じる方も多いようです。
生ものなので日持ちがしにくいです。

粒タイプ

どうしても青汁の味が苦手!という方におすすめ
「青汁の味は苦手だけど、しっかり栄養素は摂りたい!」という方に。
サプリメント感覚で手軽に続けられます。

Copyright (c) 2009 青汁の選び方. all rights reserved.